深呼吸でストレス対策!?コツはたったの一つだけ!

青空の下で手を広げる女性

みなさん深呼吸していますか?
 
普段から意識して生活に取り入れている人は、
案外少ないのではないでしょうか?
 
 
もったいない…とてももったいないです!
 
なぜなら、
深呼吸は最も簡単に行えるストレス解消法だからです。
 
ストレスに悩んでいる人は、
ぜひ今すぐにでもできるこの方法で、
ストレスをためすぎない習慣を身につけていきましょう。
 
 
 
スポンサーリンク

深呼吸の効果

 
まずは、
深呼吸をするとどうなるのかを説明します。
 
深呼吸をすると、
体の中では副交感神経が活発になります。
 
副交感神経とは、リラックスをしているときに
体の中で働く神経たちのことです。
 
副交感神経が活発になると、
血管の流れが良くなり、内臓の機能が活発になります。
 
そして体がリラックスモードに入り、
ゆったりとした気持ちになっていきます。
 
ゆったりとした気持ちになれば、
自然とストレスは引いていきます。
 
つまり深呼吸には、
身体をリラックスモードにさせて、
ストレスを緩和する効果があるということです。
 
 

深呼吸のコツ

 
それではさっそく深呼吸をするときに
気をつけることを説明しましょう。
 
それはたった一点だけです。
 
息を吸うよりも、吐く方を長くすること。
 
 
以上です。
 
 
 
あまりに簡単すぎましたか?笑
 
しかしあなたはこれまで意識してやったことがあるでしょうか?
 
 
息を吸うよりも吐く時間を長くするというのは、
深呼吸のコツであり、一番大切な部分です。
 
特にストレスへの対処法としては、
すぐにできるのでおすすめです。
 
 
やり方ですが、
吐くときに口をすぼめてやると良いでしょう。
 
空気の通り道が細くなって、
自然と長く息を吐くことができるようになります。
 
ちょうど口笛を吹くみたいに息を吐くと、
いい感じに口がすぼまると思います。
 
 
 
 

今日から実践!

 
いかがでしたか。
 
こんな簡単にできるストレス対策法は、
他にはないのでぜひやってみてください。
 
 
 
 
 
 
 
あなたの気持ちが少しでも楽になりますように。
 
「人生楽に、楽しく。
気にしないでいこう!」
 
たーちん

コメント

タイトルとURLをコピーしました